タイルのアクセントウォール

STYLE HOME

0120-393-818

〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

【営業時間】10:00-18:00 【定休日】水曜日

lv

タイルのアクセントウォール

スタッフブログ

2017/08/12 タイルのアクセントウォール

私がこの仕事を始めた20年以上前に比べると、今はタイルの種類が物凄く豊富になりました。

私もタイルがとても好きなので、見ているだけで色々想像が膨らんでワクワクします!

仕事で北欧に行った際にはレンガの工場へ行って原料の土や製造工程を見たり、タイルのを探して買い付けたりしていました。といいましても、タイルはポルトガル製が多かったですが。(笑)

スタイルホームにリフォームや新築でいらっしゃるお客様もタイルがお好きな方が多く、弊社のショールームに有るタイルをお見せすると、皆様その種類の多さと綺麗な表情にビックリされて、まるで宝石を見ているかのように目がキラキラされます。

色や素材でアレンジするのも使う物によって空間をバリューアップしれくれます。

これは洗面室にガラスのモザイクタイルを貼った実例です。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab1   %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab2

タイルを貼らなければ普通に綺麗なった洗面室ですが、貼るだけで全く違う表情を与えてくれますよね。

またガラスのタイルは高くて…と諦めなくても大丈夫です

タイル自体はシンプルでも、貼り方で表情をつければ十分存在感の有るアクセントウォールになります %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab3   %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab4

これはキッチンの背面収納です。

ヘリンボーンという貼り方で、貼り方自体は昔からある手法ですが、これ、実は職人さんにとってはとても大変なんです

左右を均等配置する為一度下書きをして、それから貼っています。この面積でもなんと1日掛りなんです。

こちらのお客様もそれを目の当たりにして「こんなに手が掛かるものだったんですね〜」とビックリされてました。

なので最後にその一生懸命な後ろ姿も是非皆さんに見ていただきたいので、写真載せますね。

 

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab5

狭い所で金尺あてて奮闘中の姿デス。

とても丁寧でいつも感謝しております 。

 

 

株式会社スタイルホーム

電話番号 0120-393-818

住  所 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

営業時間 10:00-18:00

定 休 日  水曜日

TOP