ファサードに彩りを

STYLE HOME

0120-393-818

〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

【営業時間】10:00-18:00 【定休日】水曜日

%e5%90%84%ef%be%80%ef%bd%b2%ef%be%84%ef%be%99%e8%83%8c%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

ファサードに彩りを

スタッフブログ

2018/04/28 ファサードに彩りを

リフォームをするにあたって“なおざり”にして欲しくないのが、家の顔ともいうべき「玄関」です。

タイトルに挙げたファサード(仏語)とは 建築物の正面部分のデザインのことで、外観で最も目に付く場所です。

ヨーロッパ建築ではとても重要視されていて、景観を整えたり建物の象徴性を高めたりするために

ファサードのみが造りかえられることも少くないとか。。。

北欧では毎年、玄関ドアのコンテストが開催され カレンダーにもなる人気ぶりだそうです。

日本ではこのような慣習がないので面白いですよね。

 

%ef%bd%ba%ef%be%8d%ef%be%9f%ef%be%9d%ef%be%8a%ef%bd%b0%ef%bd%b9%ef%be%9e%ef%be%9d1

こちらはコペンハーゲンのとあるレストランですが、シックで重厚なドアはヨーロッパや北欧ならではのデザインです。

 

 

 

少し大袈裟な話になってしまいましたが、皆さんのファサード=玄関を見直してみませんか?

格式がある・オシャレ・あたたかい雰囲気・機能的にも万全…と良いイメージばかりが思い浮かぶ「木製ドア」の

魅力をご紹介します。

 

 

デザイン性

木は加工しやすいため、多様なデザインに対応できます。例えば、古風でアンティークなものは重厚感があります。

様々なドアを実現できるのも木製ならではでしょう。

 

断熱性

木は熱を伝えにくい性質を持っています。鍋や蓋の取っ手に木が採用されていることからも解りますよね。

そのため、木製ドアはお部屋の中の暖かさを外に逃がすことがありません。

 

木のあたたかみ

森林浴という言葉からもわかるように、木に包まれているとホっとしますよね。ドアが木製であることは

帰宅した時の安心感にも繋がります。木材の中でもヒノキを使えば、香りからもリラックスすることができるでしょう。

 

デメリットはないの?!

流石に金属製のものと比べては耐久性と防犯面が劣りますが、しっかりとしたメンテナンスを施せば充分な耐久性を

保つことができますし、防犯面に関しては 鍵を2つ設置するなどの工夫で改善できます。

 

 

昔ながらの材料である木材は、現代にいたるまで使い続けられる理由があります。

弱そうといったイメージから安易に決定せず、木製ドアも検討してみて下さいね。

 

 

株式会社 スタイルホーム

電話番号 0120-393-818
住  所 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2
営業時間 10:00-18:00
定 休 日  水曜日

TOP