天井に木を貼るリフォーム

STYLE HOME

0120-393-818

〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

【営業時間】10:00-18:00 【定休日】水曜日

%e5%90%84%ef%be%80%ef%bd%b2%ef%be%84%ef%be%99%e8%83%8c%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

天井に木を貼るリフォーム

スタッフブログ

2018/06/01 天井に木を貼るリフォーム

天井や壁の一部に木を貼るというのは、好みも有るとは思いますが憧れますよね。

使う木の材質や表情一つで部屋のイメージも随分変わります。

 

たとえばここ数年リフォームのスタイルで人気の「ブルックリンスタイル」ですと、使い古したビンテージ感のある板などを

使用しますよね。

北欧系だとパイン材。

カルフォルニアスタイルも少し粗い板にホワイトの強めのステインを塗ったり、ビンテージ風な木だったり・・・

そう、和モダンでも。

 

これだけのスタイルが有るのですから、販売されている木製パネル材の種類もかなり豊富になっています。

私もお客様のお好みのスタイルに近づける為、沢山のサンプルを取り寄せてはそれを机に並べてにらめっこをしています。

おかげさまで、弊社のストックルームは木材だらけです・・・

 

img_7234-1

 

以前世田谷のマンションリフォームで、『東京に居ても別荘にいるような空間にしたい』というお客様のご要望でマンションの

天井に木を貼りました。

元々お持ちのインテリアの雰囲気を拝見して、パインのような丸みはない方がいいな・・・と思い、できるだけ角ばった白木を採用。

そのまま使えば経年変化で赤みが出て、段々天井が重く低く見えてきてしまいますので、赤みを消す薄いホワイト系のステインを

塗装。材が角ばっているため甘くなりすぎず、少し和の雰囲気も出て落ち着いた空間に仕上がりました。

この天井は玄関を入ったところからそのまま廊下を経て、リビングに繋がっています。

お客様が玄関に入ったところからずっと木を感じていられるようなっています。

お客様に1年振りにお会いした際も、その居住性の良さに変わらず喜ばれていらっしゃいました。

こちらがその写真になります。

%ef%bd%8b_006  %ef%bd%8b_010

 

 

詳しくは下の実例ページでもご紹介していますので、そちらもご覧いただけたら嬉しいです。

06_やすらぎの住まい

 

『天井が濃くなると重く低く見える』と書きましたが、寝室などではそれが逆にプラスに働きます。

寝室は天井を暗めにすることにより、気持ちが落ち着いて睡眠に入りやすくなります

下の実例は新築のお客様の寝室ですが、2,3階は白木で明るく仕上げて、寝室の有る3階だけ濃い木でまとめました。

 

 

481a7615-1

 

寝る前は天井のライトを手元で消して、テーブルランプだけになります。

心地よさそうですよね。

 

木は同じ種類の木でもカットする部分で木目の表情が全部ちがっていますので、それを見るのもとても楽しいですよ

世田谷のショールームにはフローリングやパネル材など表に出しきれない程色々揃えていますので、是非ご覧ににいらしてください。

 

 

株式会社 スタイルホーム

電話番号 0120-393-818
住  所 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2
営業時間 10:00-18:00
定 休 日  水曜日

TOP