木造住宅こそ耐震性に優れている!

STYLE HOME

0120-393-818

〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

【営業時間】10:00-18:00 【定休日】水曜日

%e5%90%84%ef%be%80%ef%bd%b2%ef%be%84%ef%be%99%e8%83%8c%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

木造住宅こそ耐震性に優れている!

スタッフブログ

2018/06/12 木造住宅こそ耐震性に優れている!

耐震性について考えたとき、見た目から「鉄筋・鉄骨は頑丈そうだけど、木造は頼りないんじゃないの?」

と思ってしまう方は多いのではないでしょうか?

 

…それはただの先入観かもしれません。

今回は、木造住宅の耐震性についてご紹介します。

 

 

 

木造とコンクリートの違い

コストを度外視すれば、鉄骨・鉄筋コンクリート・木造建築のいずれも耐震性という観点において大差はありません。

木造の方が、重量の軽さゆえに揺れにくいともいえます。法隆寺といった現存する伝統的建築物をみると、木材の優秀さ

を理解できるのではないでしょうか。

 

 

工法の工夫

軽くて揺れにくいといっても、より耐震性に優れた木造建築にするためには、工法にも工夫を重ねる必要があります。

耐震性に特に優れているのが、アメリカ生まれのツーバイフォー(2×4)工法です。

2インチ×4インチの木材で造った頑丈なフレームに、構造用合板を釘で打ちつけて造った壁を組み合わせて建てていきます。
その構造は優れた耐震性が最大の特長で、柱や梁を用いる在来工法に比べて1.5倍から2倍程度 耐震性がアップするといわれていて

阪神淡路大震災では、この工法の建造物はほとんど影響を受けなかったそうです。

また、火災に強く気密性が高いことでも知られています。

 

 

 

では、在来工法はダメなの?

しかし、在来工法も建築基準法の改正を機に耐震性が向上しています。

在来工法の方が建築の自由度が高いため、増築やリフォームをする可能性がある方には在来工法がオススメです。

何故かというと、ツーバイフォー(2×4)工法は多くの釘を使用しているため、それだけでも解体等にコストが掛かって

しまうためです。

 

 

木造建築も耐震性に優れているのに、強度などを理由に木造建築の可能性を外してしまうのはもったいないと思います。

 

世田谷のスタイルホームでは、デザイン性だけではなく耐震性についても重要と考え

弊社専門スタッフが必要に応じて耐震診断・建物調査・地盤調査を行い、万全なリフォームを実施しています。

強くて優しい木造建築も是非検討してみて下さいね。

 

 

%e8%80%90%e9%9c%87%e8%a1%a8%e7%b4%99
●耐震診断報告書について

  (財)日本建築防災協会の評価プログラムを使用。

「日本建築防災協会」とは、耐震診断義務付対象建築物の耐震診断を行うことが出来る、耐震診断資格者を養成する実施機関です。

 

 

 

株式会社 スタイルホーム

電話番号 0120-393-818
住  所 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2
営業時間 10:00-18:00
定 休 日  水曜日

TOP