フローリング リフォーム ~巾木編~ 

STYLE HOME

0120-393-818

〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2

【営業時間】10:00-18:00 【定休日】水曜日

%e5%90%84%ef%be%80%ef%bd%b2%ef%be%84%ef%be%99%e8%83%8c%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

フローリング リフォーム ~巾木編~ 

スタッフブログ

2018/03/30 フローリング リフォーム ~巾木編~ 

皆さん こんにちは。

先日、カーペットをフローリングにしたいというご依頼があり、現地調査に伺いました。

 

そこで、今回お話ししたいテーマは「巾木」。

部屋の壁と床の間にある巾木は、意匠的に美しくする意味合いと、フローリング施工時の隙間を防ぐ意味合いがあります。

 

 

【中古マンションリフォームにありがちな先付け巾木タイプ】

 

最近では後付タイプが主流となっていますが、築年数が経っている建物の巾木はどうだったでしょう。

築30年くらいのマンションになると、そもそも床がフローリングではなく、カーペット敷のお部屋も少なくはないかと思います。

巾木の付き方にはいくつか種類があり、中には壁に埋め込まれているタイプもあるのです。

 

%e5%b7%be%e6%9c%a8%e3%81%ae%e4%bb%98%e3%81%8d%e6%96%b9

 

 

 

【もしもそのまま巾木をつけると…】

 

そのまま施工した場合は、元の巾木が壁より出っ張っているために巾木が浮いてしまいます。

そのため、その壁と巾木の隙間を埋める必要があります。この出っ張っている量が数ミリなら何とかなりますが

5mm以上となると、板を埋めるかしないとダメですし、見た目も巾木自体が出っ張りすぎになるので

こちらの施工はあまり考えられません。

 

 

【実際の施工方法】

 

標準的には、元の巾木は外すことになるかと思います。そして、その凹みの深さに合わせて板を埋め込み

ボードとの面を合わせて その上に後付け巾木を取り付けていきます。

 

 

今のお部屋が「先付け巾木」かどうかを調べたい場合は、指を切らないように注意しながらカッターを差し込んでみて下さい。

刃先が途中で止まれば「先付け巾木」、下まで届けば「後付け巾木」となりますので、ご自分でも判別できると思います。

 

%e5%b7%be%e6%9c%a8%e3%81%ae%e8%aa%bf%e6%9f%bb

 

 

それでは、続編『フローリング リフォーム~6畳一間の現場編~』にて

解体前から完工までをアップしていきます。

 

 

 

株式会社 スタイルホーム

電話番号 0120-393-818
住  所 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-2-2
営業時間 10:00-18:00
定 休 日  水曜日

TOP